【Fresh】野菜の正しい食べ方 (永久保存版!)【Friday】

Advertisements

この記事では野菜嫌いの人に、食べ方をシェアしました。今回の記事では、野菜の「食べ方」についてシェアしたいと思います。

↪︎野菜の食べ方は、口に含んで噛んで飲み込むだけです。

Advertisements

では、切り替えて真面目な話をします。厚生省曰く、1日の野菜の摂取目安量は350gだそうです。350gがどれくらいかというと、

・カレー2.5皿分
・野菜スープ2−3杯分
・サラダ2-5皿分

とまぁ、量と皿の大きさと含まれる野菜の量によって一概にこれくらい!とは言いにくいのですが、このwebsiteが分かりやすくポップに詳細を紹介しています。(厚生省のwebsiteはひたすら文字の羅列ばかりで筆者は秒でページを閉じました)

ただ、野菜も食べ過ぎたり、食べ方によっては弊害があります。例えば…

冷たい生野菜の食べ過ぎにご注意
筆者も経験したことがありますが、生野菜ばかり食べていた頃、ある日お腹を壊しました。そこで、野菜の食べ方についてネットで調べてると本当に色んな意見がでてきたので、ここでまとめようと思います。

まずアンチ生野菜派の意見は…
・体が冷えるので、血行不良に繋がる
・血行不良は、女性なら生理痛の悪化・男女ともに代謝の落ち込みにも繋がる
・栄養素が不足する、アレルギーを引き起こす
・便秘になる、消化不良を起こす
・脂溶性ビタミンを吸収しづらい

生野菜肯定派の意見は…
・加熱すると栄養や酵素 (ビタミンCなど) が崩壊してしまう。
・冷えというのは冷たい野菜を食べているから、一時的なものに過ぎない
・酵素と繊維が入っているから便秘解消になる

こんな感じでした。1つずつ見ていきます。体が冷えるという点に関しては、ネットでは「冷蔵庫から取り出した野菜をすぐ食べるから」・「野菜に含まれる水分が体を冷やすから」「野菜に含まれるカリウムが利尿作用があって体を冷やすから」等の意見がありました。これの反対意見としては、「常温で食べればいい」とか、「夏野菜 (トマト・きゅうり・レタス・なす等) は水分が多いので冬野菜の根菜 (じゃがいも・人参・かぼちゃ) を食べればいい」とか「バランスよく他の野菜と摂取すれば良い」との意見がありました。
栄養素の不足に関しても、筆者は、様々な種類・色の野菜を他の食事と一緒に食べれば問題ないかなと思いますし、なにより「野菜だけ」で生きていこうとすること自体が間違いだと思うので、あくまでも野菜を主食にしないようにするのがいいですね。「便秘になる」という意見に関しては、実際に生野菜の食べ過ぎでお腹を冷やした経験のある筆者は賛成できません 笑
ちなみに食物繊維ですが、水溶性と不溶性があって、水溶性は水に溶けるので、便を柔らかくする効果があります。一方不溶性は水に溶けない分、腸で水分と結合して膨らんで、腸の蠕動(ぜんどう)運動を促すのだそう。不溶性食物繊維のみを摂取すると、便秘になってしまうということから、アンチ生野菜派の意見となるわけです。これを防ぐのは、水溶性食物繊維と水を一緒に摂取すること。脂溶性ビタミンに関しては、次の項目に詳しく書いています。
まとめると、冷たすぎる温度生野菜だけ大量に摂取するのは、体に悪い時もある
…というわけです。

油と一緒に食べた方がいい野菜もあります。
脂溶性ビタミン (ビタミンA/D/E/K)、つまり水よりも油に溶けやすいビタミンが含まれる野菜は、良質な油と一緒に食べた方が体に効率良く吸収されます。かぼちゃ・ほうれん草・人参・小松菜・キャベツ・白菜・トマトに脂溶性ビタミンが含まれます。

淡色野菜は、あまり火は通さない方が良い
淡色野菜は、きゅうり・セロリ・大根・たまねぎなどです。理由は、ビタミンCが火に弱いから。ただ、結局摂取し過ぎても水溶性ビタミンは水に溶けるので、余分は尿に溶けて外へ逃げちゃいます。ちなみにたまねぎも、生食の方が好まれるのはより多く血液サラサラ成分の硫化プロピルを摂取できるから。加熱しても別の成分として摂取は可能ですが、摂取量としては生の方が多く摂れます。

旬の野菜を食べる
旬の野菜って、その時期にしか本来食べられない野菜なので、栄養分の量が、他の野菜達とは異なります。また、旬の食材は他の時期に栽培するよりも農薬や虫に強い!よって、薬品などもそこまで使わずに栽培できるそうです。生野菜の話に関連しますが、根菜って水分が少ないんですね。だから、レタスを冬に食べるよりかは、じゃがいもや人参を食べた方が体は喜ぶわけです。旬のものだし、体も冷やさないし、栄養も夏野菜とは違い冬に適した成分を摂取できるから。

同じ色の野菜ばかり食べない
別に読者の方が「私は毎日アスパラだけ食べてれば幸せなんだ!」と思うなら、どうぞ。そうしてください。ジャッジしません。ただ、毎日カボチャだけ、とか、毎日トマトだけ食べるのは栄養バランス的に良くないです。1日しっかりとした食事を何食か食べた上で、他の野菜を摂取しながら…ならまだ分かります。1つの野菜だけを多く食べることに特化したダイエットもありますが、ひたすら栄養分が偏るし、栄養分というのは、1つの栄養分で体の中で魔法のように作用するのではなく、他の栄養分と合わさって複合的に作用するものです。(なんかどっかにそんな研究があったような…文献見つけたらシェアしますね)

やたら、生野菜のくだりを引っ張りましたが、また新しい情報や研究結果などを発見次第、随時アップデートしていきます。


Stay healthy, Millennials.

Advertisements
Advertisements

Leave Your Thoughts!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.