ベトナムに行きたい!その前に

とりあえず、トップ画像が全くベトナムっぽくないのは置いといて、(サイゴン大教会の写真だょ)
今回の記事では、ベトナムに行きたい!とある日思いついた時に知っていてほしい事を載せます。ご参考までに。

ハノイ編

ハノイは典型的な東南アジア

This slideshow requires JavaScript.

一般的に、ハノイは政治と文化の中心で首都、サイゴン(正式名称はホーチミン市ですが、長いのでサイゴンと呼びます)は経済の中心と言われています。ハノイは中心地、観光客が多いところは栄えていますが、少し車で移動すると田舎ーって感じの風景が広がっています。市内はバックパッカーや西洋の観光客も多く、たまーに日本人もちらほら見かけます。
主な観光スポットで綺麗だったのは、オペラハウス、ホアンキエム湖。東南アジア独特の雑多な感じを体感できるのは旧市街と、その中にあるタンロン遺跡。ホアロー収容所も重いですが絶対行ってほしいですね。西湖も綺麗ですが、西湖の綺麗さを堪能できるのは、そこに立つインターコンチネンタルホテルに泊まった人です。また、中心地には、水上劇シアターがあります。ベトナム語が分からなくてもお勧めしたいものの1つです。たくさんの観光客がツアーで見に来たりするので、チケットは早めの購入をお勧めします。
旧市街に関しては、本当に賛否両論というか、好き嫌い分かれます。筆者はどちらかというと苦手でした。まず、本当に汚いんですよ。人は路上にたむろってるし、臭いし、みんなクラクション鳴らしあってるし、うるさい!笑 道路も狭くて轢かれかけながら移動していました。ホアンキエム湖から南の方が洗練されています。
ハノイに滞在している時に気に入ったのは、バッチャン焼きの村に行けた事。伝統工芸品の作られる過程に興味があるなら、お勧めです。伝統刺繍なども有名で、技術が高い職人が刺繍したシルクの工芸品はとても高かったりします。

サイゴン編

サイゴン(正式名:ホーチミン)はハノイとは打って変わって近代化しています。全然違いますね。さすが経済の中心地、某ファストファッションのお店も、某macbook族御用達の米国系カフェも、某ファストフードチェーンも高層ビルもナイトクラブも全て揃っていました。街並みもとても綺麗、フランスの影響を受けたせいなのか、ベトナム戦争中こっち側はアメリカが支援していたせいなのかは知りませんが、現在も開発している場所が多く、これからぐんぐん伸びて行くような印象でした。原付の多さはハノイと一緒でしたが、やはりサイゴンの方が現代としって感じがしました。
お勧めの観光スポットは、サイゴン大教会、戦争証跡博物館(ハノイの収容所の何倍も重くて辛くなる場所ですが、絶対に行ってほしい)、市営劇場(オペラハウス)、Bitexcoファイナンシャルタワー(市内を一望できるタワーがあります)、サイゴン中央郵便局(めっちゃオシャレ)です。お土産はラッキープラザの中にあるスーパーがお勧めで、バラマキ用も自分用もほぼ全部のお土産がここで手に入る上、説明が日本語で書いてあったりするので楽チンです。ボられる心配もない!

ベトナム共通編

交通ルールはあまり存在しない

好きな所で道路を渡って、好きな時に車線変更して。唯一みんながルールを守るのは信号くらいですかね。後警察官っぽい人が立っている時。本当に危ないんですよ、道路渡るの。どれもこれもみんな向こうではバイクに乗ってるから!原付がめーっちゃ多くて、国民みんな乗ってんじゃないかってくらいたくさん走ってて、平気で歩道に乗り上げて、歩道を歩いてるこっちに後ろからクラクション鳴らしてきます。だから後ろと左右だけは絶対に気をつけて油断しないようにしてください。間違っても信号が変わりそうな時に、無理やり渡ろうとしない事。滞在中、何度も車に轢かれかけました。こっちはただ歩いているだけなのに!

ぼったくりにご用心

これに関しては何とコメントしていいか分からないのですが、タクシー運転手は2人に1人くらいの割合でボろうとしてきます。スーパーじゃない屋台とか、旧市街でお土産を買う際も、値段は通常の3-5倍に釣りあがっていると思ってください。アホ丸出しの観光客でいないで、強気で値段交渉してください。筆者は面倒なので、お土産は全てスーパーで買いました。

ホテル以外の場所は英語はほぼ通じない

これ、意外でした。割と英語通じるかな〜という淡い期待を持って行ったのですが、タクシーも、観光スポットもほぼ通じず。通じても、物凄いゆっくり、分かりやすく簡単な言葉で言わないと理解してもらえませんし、多分 はなっから理解する気もないと思います。5つ星ホテルに泊まった事がありますが、そんなホテルのスタッフでも、英語を完璧に話せる人は半分くらいかなって所です。

行かないほうがいい所: 観光客がいない所

これに関しては、どこの国にも共通しますが、基本的に安全に冒険せずに旅行して帰国したいなら、観光客についてください。現地の人しかいない所で迷子になって、携帯の電源が切れてて言語も話せなかったら一貫の終わりです。観光客ってめっちゃ分かりやすいんですよ。特にベトナムのような、ベトナム系の人が民族の大部分を占めていると他の人種がいると目立ちます。なので、カメラを持っていたり、やたら大荷物だったり、集団移動していたり、周りと浮いている人が観光地にいたら、それは観光客の可能性が高いわけです。そういう人たちについて行きましょう。

デング熱に気をつけて

残念ながらこれは虫除けスプレーで蚊に刺されるのを防ぐしかないです。長袖長ズボンでいろとは言いませんが、肌が出ていれば刺される確率も上がるので、せめて虫除けスプレーなり対策をして移動してください。デング熱の予防接種はありません。実際にベトナムでデング熱を発症した人の話を知っているので、せっかくの旅行を楽しむためにも、病気には気をつけましょう。

サービス・治安・物価

サービスは、ホテル以外は、まぁまぁです。路上とか、コンビニとかは超適当。ホテルや、中心地に位置するちょっといいカフェやレストランなどはきちんと接客してくれます。治安に関しては、夜出歩いていないので分かりませんが、ここは夜歩けないだろうな〜って場所は雰囲気で何となく分かりますよね。やたら道が狭かったり、人通りが昼でも少なかったり。昼歩く分には安全ですし、スリも強盗も遭いませんでした。夜は中心地のみ、集団で、現地の事を知っている人と出歩くようにしてください。後、生ものに気をつけて!レストランで出る水はペットボトルが多いですが、路上は保証しません。
それと、やたら勧誘が多い!シクロの勧誘とか、謎の揚げ物の試食の勧誘とか…タクシーの勧誘とか…向こうから話しかけてくる人はもう全てシカトしてください。別記事でも書きましたが、もし誰かが緊急事態で助けを欲しがっていたら、あなたが助けなくても、他の人が助けます。
物価は比較的安いです。行く場所と買うものにも寄りますが。4泊で手持ち5万もあれば、かなり贅沢できます!(ホテル内で食事をしたり、お土産をたんまり買ったり、スパを受けたり)

名産品・旅行にお勧めの時期

名産品:コーヒー、蓮茶などお茶類、陶器、刺繍製品、チョコレート、ココナッツオイル(馬鹿みたいに安い値段で買えます)、石鹸くらいですかね。コーヒーはブラジルに次いで多い生産量を誇り、香りがとってもいいです。ジャコウ猫コーヒーがお勧めです。蓮茶は癖があるので好みが分かれるかもしれません。ココナッツオイルは美容にいいので興味がある人は買っておくといいです。

旅行にお勧めの時期は11月。ホテルも閑散期で全体的に観光客や宿泊客が少ないです。

こちらも合わせてどうぞ→海外旅行必需品 海外に行く前の注意事項


Có một ngày tốt, Millennials.

Advertisements

Leave Your Thoughts!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.