シンガポールに行きたい!その前に

シンガポールに行きたいと思い立ったが吉日。行く前にこの記事をチェックしてください。

アジアで日本人が永住するなら多分ここ⭐️


(全ての写真は筆者が現地で撮りました)

総評

ここなら日本と同じような環境なので多分暮らしていけます。シンガポールは、マジで、発展しています。厳しい法律のおかげで街はゴミもなくとっても綺麗。というか、文句ないです、中心地にいたせいかもしれませんが。

唯一純粋にムカついたのが、横断歩道が少ない!道の向こう側に行くのに結構苦労した気がします。
治安も良いです。夜にクラーク・キー(日本でいう六本木)に行きましたが夜中も無事にホテルまで帰れましたし、特に危ない雰囲気もありませんでした。襲われても仕方ないような格好でしたが。英語も公用語の1つなので通じます。タクシーも何回か乗りましたが、ぼったくられるような事もありませんでした。メーターもついているし、初乗りも車体に記載されている値段通りの金額でした。サービスはまぁまぁ、人は結構フランクだと思いました。筆者タトゥー入ってるので、現地で謎に写真撮りたいとかいってホテルのボーイに写真撮られました。
東南アジアの国ですが、発展途上ではないので路上での勧誘もそこまで酷くなかったです。ただ、筆者は中心地にしか行かず、郊外までは行っていないので郊外がどうかは分かりません。ごめんね。物価は若干日本より安いくらいだったような。食べ物は安かった気がします。

観光スポットでオススメは: マーライオン公園 (duh)、クラーク・キー(クラーク・キーに向かうクルーズ船も夜乗ると綺麗な夜景と街並みを見ることが出来ます)、オーチャード・ロード、セントーサ島のユニバーサル・スタジオ、シンガポール・フライヤー、ガーデンズ・バイ・ザ ・ベイ

マーライオンも、期待はずれと聞いて行きましたが、筆者は案外期待を上回りました。笑
普通に観光スポットとして好きです。マーライオンもそんなに小さい訳でもなかったし。ただ、セントーサ島のマーライオンとは比べ物にならないですね。セントーサのマーライオンはどうやって建てたのか疑問に思うくらいデカかったです。
クラーク・キーですが、いわゆる六本木のような夜の街です。クラブの勧誘も多く、筆者も行きましたがクラブは全世界どこも同じですね。バーやクラブ、レストランがひしめきライブ演奏もしています。総じてガヤガヤしていてにぎやかです。
オーチャード・ロードはデパートとかお店とかあって日本で言えば新宿と銀座を足したような場所なんですかね。ショッピングやお土産探しはここがいいです。
セントーサ島は、別で宿泊しに行きたいくらいいいところでした。ビーチはめっちゃ空いていたし、水も超綺麗。なんでここもっと有名にならないんですかね?ユニバーサル・スタジオは絶叫系が苦手の筆者には少し難ありでしたが、ぷらぷら異国気分を味わって行って満足した場所でした。
シンガポール・フライヤーは綺麗な夜景を一望できるゴンドラです。ものっすごい綺麗なので絶対乗ってほしい。
ガーデンズバイザベイはキノコ型のオブジェが立ち並ぶ公園です。筆者はそこで鳥にフンを落とされて大変貴重な思い出になりました。夜はライトアップイベントが行われています。こちらもキノコの上に登ったりとかも可能なので調べてみてください。
行きたかったのがアラブ・ストリート!残念ながら筆者が行った時はいけませんでしたが、読者の方でシンガポールに行かれる方がいたらぜひ感想お待ちしてます。あと、ナイトサファリも参加したかったですが予定に組み込めず。こちらも感想をお待ちしております。

名産品・旅行にお勧めの時期

筆者は11月に行きましたが、暑かったし、スコールもありました。いきなり雷が鳴り始めて、土砂降り。近くの高級ホテル(フラートンだったかラッフルズだったような…)で雨宿りしました 笑
全体的に閑散期だと思いますが、マーライオンの所は大量に観光客がいました。日本人もかなり見かけましたね。

名産品:マーライオングッズ(筆者は確か置物とチョコを買いました)、プラナカン雑貨、カヤジャム(有名らしいけど買ってない)アーユルヴェーダ石鹸(どこを探しても見つからず)、お茶類(TWG TEAなど)

ちなみにマンダリンギャラリー内にあるメリッサというお店が有名ですが、日本語が通じて、店内の説明も日本語で書いてありますが、グッズは高いです。キュートで女の子向けのグッズを売っています。
プラナカン雑貨は伝統的な模様でポップな色合いの陶器や雑貨。可愛いので調べてみてください。割とどこにでも売ってました。
TWG Teaですが、買ったはいいものの日本のお店で製造方法を聞いたら教えられないと言われて以来買うのをやめました。たくさんの種類があり、あたかも老舗ぶってますが、Twiningsとは全く無関係の会社だし創立は2008年です。シンガポールのブランドなので興味があれば買ってみてください。筆者は可愛いパッケージに釣られて買いました。

こちらも合わせてどうぞ→海外旅行必需品 海外に行く前の注意事項


Have a safe trip, Millennials!

Advertisements

Leave Your Thoughts!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.