上海に行きたい!その前に

上海に行きたい、と思いたったが吉日。そんなあなたの初めての上海旅行がスムーズに行くように少しだけ現地の事をご紹介。

北京は政治の首都、上海は経済の首都

ベトナムでも書きましたが、同じ国でも都市によって発展の具合は異なります。アメリカでもワシントンDCよりかはNYの方が経済的には活発だし、人の出入りも激しいです。アジアでもベトナムなんかはハノイが政治の首都で、サイゴンが経済の中心都市だったりします。そんな感じで、とても国が広い中国も首都の北京は人民委員会があったりと、政治の中心都市です。他方の上海は、様々な外資ブランドのブティックや本社、保険・金融会社が本社を据えているので経済の中心と言えます。

総括

This slideshow requires JavaScript.

総じて、驚きの連続でした。中国人はマナーが悪いとか色々言われて洗脳されているし、相当低めの期待値で行ったおかげもあり、良い意味で期待を裏切られました。上海の中心地に泊まったことも理由かもしれませんが、上海はとても発展していましたね。インフラも普通に整ってるし、道も綺麗。もっとボロボロかと思ってたのに!(失礼)ゴミもそんなに落ちてないし、人もマナーの悪さはそこまで感じませんでした。むしろ困ってると自分から助けてくれます。個人的な勝手な驚きは1人も信号無視する人がいないところ。NYはもう王様のように皆さん信号無視していましたが、上海は車がいなくても皆ちゃんと待っていました。
唯一気付いたのは、やたら痰を吐く事と声がとにかくデカい事 笑 そのくらいですかね!割り込みが激しいとかも事前に聞いていましたが、イラっとする程の割り込みは経験しませんでした。
行く時期ですが、緯度は鹿児島くらいなのに、12月は普通に冬でした。東京と似たような寒さでしたね。
大気汚染に関してですが、PM2.5は目に見えないし、体でも感じないので筆者は特に異変は感じませんでした。ただ、ネットでいくらでも汚染指数は調べられるので、毎日調べて危険な時はマスクをして出歩いていました。

市内のお勧め観光スポットは:人民広場、豫園(よえん)、田子坊、南京路、外灘(The Bund、わいたん)、上海中心とその付近、東方明珠電視塔(超絶お勧め、映画 her のロケ地になった歩道橋があります。)

人民広場はデカい公園って感じで、中に上海博物館とか、その他の博物館が入っています。豫園は、庭です。周りに出店とかがあって安くお土産も買うことができます。観光客も多く人気スポットだというのが分かりました。入場料は大人30元。筆者はプラーッと回って飽きたので滞在時間はあまり長くありませんでした。中華の雰囲気はあるので、味わってみたい人は行ってみてもいいかも。
田子坊も、独特の雰囲気がある観光スポットです。雑貨屋さんが多く、こちらでも激安でお土産が買えます。また、ソウルフードも食べれるので、食べ歩きとショッピングにお勧めかなと思います。結構小さいので、ここも長く滞在する場所ではないですね。
南京路は、wiki曰く上海最大の繁華街だそうで、日本で言えば原宿・表参道に近いです。確かにデパートやブティックも多く筆者は歩き回るのはかなり楽しかったです。行った時期が12月ということもあり、クリスマスの装飾も施されていて煌びやかでした。
The Bundも行くのを楽しみにしていましたが、ここは海を挟んで反対側から夜景を見るととても綺麗です。日中の時間帯は海の向こう側にある経済地区のCGにしか見えない近未来的な風景を楽しめます。元々租界地区(外国人居住地区)だった事もあり、建物がヨーロピアンなんですよね。上海の中でも観光スポットとしては人気なのでぜひ足を運んでみてください。
上海中心と電波塔は、筆者の上海旅行で1番記憶に残った所です。ブルジュ・ハリファに次ぐ高さのビルでもある上海タワーや、周りの高層ビルとか、SFチックな電波塔に囲まれて、本当に未来にタイムスリップしたような気分になります。タコベルとかスタバとか見かけて現実に戻りましたが。
電波塔の写真が撮れる歩道橋は映画herのロケ地としても使われていますので、映画好きにもたまらない場所でした。

行かなかったけど次回行きたい:上海博物館、上海ディズニー、静安寺。行った方:感想お待ちしております。

市内の移動は地下鉄(か、バス)

地下鉄も、綺麗でした。誰も立ちションとかしないし、地下鉄の電車そのものも問題ありませんでした。筆者は滞在中の移動は全て地下鉄を使いました。各駅全て英語表記もありますし、出口表記も分かりやすいし、乗り換えも問題ありませんでした。観光客は1日乗り放題切符を18元で駅の受付みたいな所で買えます。(3日間乗り放題切符もあるらしい)
券売機で単独の切符を買うこともできますが、50元札以上は入らないし、お釣りは大体コインで来るので、細かいお金を用意しとくと切符が買えます。筆者は知らずに100元で4元の切符を購入しようとして出来ませんでした。

*バスは、乗り方が分からないし、変な所に連れていかれて迷って戻れなくなっても困るので、使いませんでした。

英語

英語ですが、ブティック等では通じますし、カフェ・レストラン・地下鉄では多少通じます。中心地から離れた場所に出ると全く通じないし、英語で意思疎通を図ろうともしてきません。ただほとんどの場所が漢字でなんとなく意味は読み取れます。日本人が観光に行く場合は結構楽ですね 笑

治安は大丈夫、物価は高い、サービスはまぁまぁ

サービスは、まぁ海外クォリティとでも言っときましょうか。普通です、特に悪くもなくって感じ。旅慣れている人なら海外のサービスの感じが分かると思うので、そんなもんかなと思ってください。物価は東京とほぼ変わらないですね、高いと思います。治安も、夜中に出歩く経験はしませんでしたが、21時くらいに公園のそばを1人で通りましたが別に平気でした。また、結構色んな所にセキュリティとか警察がいます。中心地は勿論、デパートもいるし、交通整備もしっかり行われていました。総じて危険な目に逢う事もなかったし、スリ・強盗にも遭いませんでした。スリだけは気をつけていたので、終始ポケットの中身は気にしてました。

名産品

実は上海って名産品と言える名産品があまりなく…筆者が買ったものは:Kitsch Chinaのグッズ、蟹ケーキ、世界で1番デカいスタバでのグッズ、茶類でした。その他どの観光都市でも見つけることができるマグネットとか、キーホルダーとかありますが、お土産は、バラマキもそうではないものも、空港でも十分揃っているので、帰国前に空港で買うのもありだと思います。ただ、市内よりかは圧倒的に空港の方が高いのでお気をつけて。それと、お土産を市内で買う場合、上海はお店の出入りがかなり激しく、ネットで調べて現地に行くとお店がない事もあります。(経験者)そんなことにならないように、下調べはしっかりしてください!

*エスカレーターは右側に立つ!(日本に帰国後すごく困る)*

タイトルの通り、日本に帰国後何も考えず右側に立って、ものすごく迷惑そうな雰囲気で皆に追い越されました。気をつけてください。


海外に行く前に要check!→海外旅行必需品 海外に行く前の注意事項

Advertisements

Leave Your Thoughts!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.