セブ島に行きたい!その前に

OOに行きたいシリーズ、今回はズバリ「セブ島」!

巷では大学生の間で格安セブ島留学なんかも流行っていて、日本から行きやすく物価も安いリゾート地として有名です。

日本人の金遣いの荒さは割と有名

現地では高級レストランでも、日本円に換算すると、あれ?ディナーがたった1000円くらい?なんて事も。お金持ち気分を味わうのにはもってこいの場所です。物価がやたらめったら安いので、散財したくなる気も分かりますが、セブ島民は日本人の気前の良さは知っています。ただ同時に、フィリピンという国自体年上の人を敬う文化がかなり根付いているのもあり、あまり押し売りなどはして来ません。でも彼らはあなたがお金を持っているのは知っています 笑

総括

IMG_1205

IMG_1280

(ドリアンとマンゴー)

典型的な東南アジアです。原付がやたら走っていて、(ベトナムほどではないけど)気候は じめじめ。たまにいきなりスコールが降り出したり、落雷があったりと雨季と乾季でも天候は違います。フルーツがめちゃくちゃ美味しいので、南国のフルーツは絶対に食べて来てください。私はマンゴスチンとかライチとかマンゴーがお気に入りです。見た目は可愛くないけど、味は可愛いフルーツが多いですよ 笑
インフラはそこまで整っていません。筆者は、泊まったホテルの目の前のビルが出火して大火災になったのを目撃しました。
人は優しいし、かなり人懐っこいですね。

セブ島の観光スポットとお買い物


セブ島内で行ってお勧めだったのは、マゼランクロスとサント・ニーニョ教会。サンペドロ要塞も行きましたが、まぁただの石畳の要塞でした。
サント・ニーニョ教会は観光客のみならず現地の人でも賑わっていて、皆真剣にお祈りをしています。なので、観光客丸出しで騒いだら結構目立ちます。厳粛な場所なので、態度も郷に従いましょう。フィリピンはキリスト教徒の国です。
お買い物に関しては、SMという面白い名前のモール、アヤラモール(作りがかっこいい、しかも広い!)は結構好きでしたね。中ではフィリピンローカルのファストフードチェーン店もあったりして楽しいです。
また、激安マッサージ(といっても、超安い中で高めのやつを選びました)も断然お勧めです。

市内の移動、治安、英語、物価、サービス

市内の移動は徒歩かタクシーか原付。バスが走っているかは覚えていませんが、多分走ってるんじゃないですかね。いずれにしろタクシーも激安なので、徒歩か車移動でも十分事足ります。ちなみにぼったくられないようにね!
治安は、昼は割と安全。夜は出歩いてないので分かりませんでした。セブでも、スラムの方まで行くとかなり危険地帯なところもあります。ただ、一応全体的には比較的安全と言われている地域です。英語は、モールだと通じますが、たまに日本語で勧誘してくる人も。日本語を勉強している人もたまにいたので、場合によっては日本語でもいけます。サービスは良好。優しいし、上にも書いたように押し売りをしてきません。
おまけでなんか付けてくれることもありました。

他の島

IMG_1516

 

セブ島の中で観光するのも楽しいですが、アクティヴィティや他の島巡りも最高です。ボートで連れて行ってもらえるので、ぜひ行ってください。
筆者は、海の中で熱帯魚と戯れるアクティヴィティをしましたが、たまに魚に攻撃されたり、噛まれたりと非常に楽しく無意義な時間を過ごしました。他にもシュノーケリングや、スキューバダイビング、アイランドホッピングも出来るのでやりたい事に合わせてアクティヴィティの予定を組んでみてください。
絶対にお勧めなのがマクタン島。一面透明な海で、絶景中の絶景。島自体は小さいのですが、美味しい海の幸を食べれるレストランもあり、間違いなく必須スポットの1つです。ナルスアン島も、お勧め中のお勧め。魚に攻撃されるアクテヴィティは、ナルスアン島で参加しました。この記事のトップ画像もナルスアン島のものです。

名産品


定番中の定番はやっぱりドライマンゴーですかね。安いし、バラマキ用にも。甘すぎるのが難点ですが、好きな人は好きです。食べ物だとバナナチップスなんかも有名。
ちなみにフルーツですが、日本に持ち帰るのに禁止なものや検閲で申請しないと持ち帰れないものがあります。生のフルーツ類を持ち帰りたいなら、事前にチェックしてね!
よく見かけたのが、Islands Souvenir のTシャツ類。筆者もパジャマ用に買って帰りました。
お勧めしたいのが、パパイヤ石鹸。こちらも有名な名産品です、が!品質が悪いものは、黄色の色味がありとあらゆるものに移ります。石鹸に何が含まれているか分からないので、あまり身体に使いたくない…だって身体が黄色になったらやだもん…ってことで気をつけてください。
1番いいのはスーパーで現地のものを買ってお土産だと言い張ること。現地語で書かれたお菓子やインスタント食品なんかは、安いし持ち帰りしやすいし、お勧めです。


Mag-ingat ka sa pagbibiyahe, Millennials

Advertisements

Leave Your Thoughts!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.