持続可能な繊維を意外なものから- Tamara Orjola

Advertisements

松の木って、日本では盆栽とかのイメージが強いですが、材木として使用される立派な加工素材です。EU内だけで毎年6億本の松の木が伐採されているんですよ?


松葉は何に使える?

pine-needles-1110338_960_720

松の木の2-3割を占める松葉。いわゆる、針の部分で、通常であればそのまま捨てられてしまうものです。ロシア出身ラトヴィア育ちでデザイナーのTamara Orjola氏は、使用用途がない自然素材を有効活用出来ないか調査を行いました。価値のある自然素材というのは、大量生産が出来ないといった理由から活用されず捨てられたり、放っておかれるのが常。大量生産可能な素材を使い持続可能性に背を向けて家具や繊維を生産するのが今までのやり方でした。

Advertisements
画期的なアイディアを打ち出したOrjola氏

3804756579_1fd24b2950_b.jpg

Orjola氏は、生まれた土地柄、松の木に囲まれて育ちました。松の木は、食べ物、治療薬、建築材料、家具などに活用されて来ましたが、現在は材木としてのみ使用されています。容赦無く繰り広げられる森林伐採の現状は、怒りがこみ上げるもの。Orjola氏は、大量に伐採される松の木の副産物に着目し、せめて他の植物繊維のように活用できないか考え始めました。

Tamara Orjola_pinetrees21

その結果生まれたのが、「森のウール」と名付けられた松葉で出来た繊維。ウールだけでなく松葉は、様々な繊維の代用として使用できます。また所定の工程を経た松葉は最終的に繊維や紙、精油、染め具としての活用も可能。大量に材木を扱うIKEAのような家具量販店は、このような新しい素材を商業利用するべきなのです。

04Tamara_Orjola_stool21

Orjola氏は松葉を使い家具を作りました。松葉は自然の賜物で、持続可能な素材です。また、様々に加工のしがいあるので、製造できる商品のラインナップも広いのです。現在Orjola氏はロンドン在住。松葉のポテンシャルについて研究を続けながら、商業に活用できるようにアート活動を通して貢献し続けています。


Tamara Orjola 英語版公式サイト

🌲The Millennials™️🌲


本記事はデータ利用の許可を得て製作されました。本記事で使用されたデータは全て該当の団体もしくは The Millennials™️に帰属します。本記事で使用されている画像・内容の宣伝目的以外の無断転載・無断使用を固く禁止しております。*記事で使用されている一部画像はイメージです。
Advertisements
Advertisements

Leave Your Thoughts!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.