【Movies】DCコミックス 【Monday】

月曜日は映画の日!でも今回は、例外で漫画についてです。

DCコミックスといえば…アメコミの代名詞、マーベル・コミックスと並ぶ2大コミック会社の内の1つ。いわゆる「アメコミ」のジャンルの中でも超有名会社ですね。

設立は1934年。大まかな歴史を振り返ると…

1934: ナショナル・アライド出版社 (National Allied Publications) 設立、DCコミックスの前身となる。
1937: 大人の事情で別会社デテクティブ・コミック (Detective Comics) 社を設立。(「DCコミックス」の略はここから来ている!)
1938:大人の事情でオール・アメリカン・パブリケイションズ (All-American Publications) 社設立
また、ナショナル・アライド、デテクティブ・コミックが合併しナショナル・コミック社になる。
1944: ナショナル・コミック社が、オール・アメリカン・パブリケイションズ社を買収し、ナショナル・ペリオディカル出版社 (National Periodical Publications) と改名。
1961: 社名がDCコミックスになる。

現在はワーナーブラザーズの傘下にあって、本部はカリフォルニア州のバーバンク。
主な取り扱いキャラクターはスーパーマン、バットマン、Justice  League、ワンダーウーマン、キャットウーマン、グリーン・ランタンなどなど。
提携会社には20世紀フォックス、コロンビア・ピクチャーズ、コンデナスト社(雑誌Vogueの親会社)、レゴ社、メトロ・ゴールドウィン・メイヤー、パラマウント・ピクチャーズなど名だたる映画制作会社や配給会社が含まれています。

キャラクター別に製作された実写映画は、バットマンシリーズだけでも10本、スーパーマンシリーズだと11本。その他にも、キャット・ウーマン(ハル・ベリー主演)、グリーン・ランタン、複数のキャラクターが出てくるウォッチメンも、DCコミックスの作品です。ウォッチメンに関しては、個人的にすごい興味があるので、別記事を書きます。

©️DC Entertainment di Bonaventura Pictures

また、スパイ系のコメディ映画で意外だったのは、ブルース・ウィリス主演のREDもDC系の映画だってこと。
元々、DCコミックスのインプリントであるオマージュ・コミックから出版された漫画が原作となっています。
クロスオーバー作品でも、マン・オブ・スティール、スーサイド・スクアッド、ワンダー・ウーマン、ジャスティス・リーグが作られました。

©️ Warner Bros. Pictures
DC Comics
Legendary Pictures
Syncopy

強いのはダーク・ナイト3部作を作ったところですかね。後は、ハロウィンで仮装されまくったスーサイド・スクアッドなんかも近年ではかなり話題でした。

ちなみに映画だけでなく、アニメや海外ドラマも作っています。海外ドラマだと、DCのキャラクターグリーンアローをモチーフにしたARROWや、フラッシュをモチーフにしたTHE FLASHなど。また、有名どころだと海外ドラマのGOTHAMも、名前から分かる通り、バッドマンシリーズに出てくるゴッサムシティを舞台に作られたドラマです。(NY好きとしては言わずにいられませんが、ゴッサムはNYCが元のインスピレーションです、なので現在でもNYCをゴッサムと呼んだりすることがあります)

今後の公開映画の中は…

Flashpoint – 2020年
起用されるスーパーヒーローはスピードが特徴的なフラッシュというキャラクターです。ドラマ化もされましたが、映画での主演はエズラ・ミラー。「ウォール・フラワー」や、「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」で有名です。「ジャスティス・リーグ」でも彼がフラッシュ役として出演しています。

Aquaman – 2018年
起用されるスーパーヒーローは水のパワーが凄まじいキャラクターです。主演はジェイソン・モモア。彼もジャスティス・リーグでアクアマン役として出演しています。
アクアマンにはアンバー・ハード、ニコール・キッドマンも出演。豪華!

Suicide Squad 2 – 2019年
Justice League Part 2 – 2019年
上の2つはそれぞれの映画の続きです。特に説明はいらないような気もしますが。

Shazam! – 2019年
主演はThe Rockこと、ドゥエイン・ジョンソン。起用されるキャラクターはキャプテン・マーベル。シャザムと叫ぶと、キャプテン・マーベルに変身するからこの名前。ちなみにただの偶然かもしれませんが… Rock of Eternityに住む魔術師によって主人公は選ばれし者(キャプテン・マーベル)になります。The Rockが、Rock of Eternityの魔術師によって選ばれる………..笑
マーベル・コミックが、マーベルを商標登録しているので、タイトルはシャザム!

Cyborg – 2020年
起用されるキャラクターはサイボーグ!ジャスティス・リーグで初登場しました。演じたのはレイ・フィッシャー、バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生がデビュー作の新米俳優です。

Green Lantern Corps – 2020年
何度か映画化されていますが、こちらはマン・オブ・スティール同様のリブート作品(続編とかではなく、0から世界の作り直し)っぽいです。

DCコミックスの英語版公式Website
DCコミックスの日本語版公式Webbsite

マーベル・コミックスについてはこちら


Why so serious, Millennials?

Advertisements

Leave Your Thoughts!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.