【Trendy】服の和製英語【Tuesday】

服の事を調べながら思ったのですが、服って実は和製英語で溢れている!今回は、その一部を紹介して、正しい英語を覚えてもらおうかなと思います。

・パーカー、トレーナー、スウェット

まず、英語でトレーナーにあたるものは、sweatshirtと呼びます。そこにフードがついたパーカーにあたるものをhoodyとか、複数形だとhoodiesと呼びます。正式名称は、hooded sweatshirt (フード付きのトレーナー)
ちなみにジッパーがつくと、jacketになったりもします。

和製英語: トレーナー、パーカー (服の種類としては存在しますが、日常会話で使わない)
正しい英語: スウェットシャツ/ sweatshirt、フーディー/ hoody, hooded sweatshirt

・ワンピース

ワンピースも、ドレスも、ぜーんぶ、dress(es)! one-pieceというのは通じません。ウェディングドレスも、ミニワンピも、マキシワンピも、全部dressです。用途で分けます。

和製英語: ワンピース
正しい英語: Wedding Dress, mini Dress, maxi dress,

・フリーサイズ

freesize/free sizeとかという言い方も頻繁に出てくる訳ではないですが、通じるっちゃ通じるし、出てくるっちゃ出てきますが、一般的なのは one-size-fits-all. 訳すと、「皆にフィットする」サイズの意味です。また、one sizeだけでも通じます。

和製英語: フリーサイズ
一般的な英語: one-size-fits-all(ワンサイズフィッツオール)

・ワイシャツ

ワイシャツってなんでワイシャツって呼ぶか知ってます?White Shirt(ホワイトシャツ)の略なんだって!Yシャツかと思ってましたずっと。恥ずかしいね!
英語では、business shirtとか、button-up/button-down shirt、とかdress shirtと呼びます。button-up shirtとbutton-up shirtの違いは、襟にボタンが付いているかどうか。付いている方がbutton-down shirtとなります。

和製英語: ワイシャツ
正しい英語: Dress Shirt, Business shirt, Button-up shirt.

・ジャージ

なんか中学生とか高校生が好きですよね、ジャージ。ジャージって生地の名前です。なので、ジャージ生地の服は、大体スポーティな服が多いので、training wearとか、ジョギング用のズボンだったらjoggersとか呼んだりします。あとは、上下合わせてjogging suits, jogging wearとも呼びます。アレンジの仕方は自分次第なので好きな呼び方で呼んでください。

和製英語:ジャージ
正しい英語: Jogging suits, training wear, training suits, jogging wear

・スパッツ

スパッツってなんかダッサい名前ついてますが、英語ではleggingsが浸透しています。日本語でもレギンスって呼ぶでしょ!

和製英語:スパッツ
正しい英語: leggings

・ノースリーブ

ノースリーブも今はあまり流行ってないし、着る人も見かけなくなったような…いずれにしろ着ても着なくても和製英語なので、英語圏ではsleevelessと呼びます。sleeve(裾)+less(ない)=sleeveless(袖なし)
ちなみにsleeveless shirt の中に、キャミソールとか、ホルタートップとか、チューブトップとかが入ります。

和製英語: ノースリーブ(シャツ)
正しい英語: sleeveless (shirt)

・通じるけどあまり使わない単語

上着という意味でのジャンパー→Jacketが主流です。筆者がジャンパーと言われたらjumper?となって頭の中が???となります。


Have a fashionable day, Millennials!

images used in this post were taken from Unsplash and Flickr

Advertisements

Leave Your Thoughts!