【Trendy】オーガニックコットン【Tuesday】

Advertisements

オーガニックコットンで出来た服を少しずつ生活に取り入れる前に。オーガニックコットンがどんなもので、普通の綿とどう違うのか知っていきましょう。

photo-1518384411282-d81d1af76508

オーガニックコットン(以下OC)とは?

Advertisements
オーガニックコットンは、オーガニック農産物等の生産方法についての基準に従って2 ~ 3 年以上のオーガニック農産物等の生産の実践を経て、認証機関に認められた農地で、栽培に使われる農薬・肥料の厳格な基準を守って育てられた綿花のこと。オーガニックコットンは…全製造工程を通じて、オーガニック原料のトレーサビリティーと 含有率がしっかりと確保され、化学薬品の使用による健康や環境的負荷を最小限に抑え、労働の安全や児童労働など社会的規範を守って製造したもの…

名称と種類

通常の、オーガニックではないコットンは、Conventional Cotton(コンベンショナル・コットン)と呼ばれます。Conventionalという単語は、「従来の」という意味。

OCはいつでも取れるわけではないので、オーガニック認定をされる前のコットン(3年以内に取れたコットン)は「プレ・オーガニック・コットン」(a.k.a 転換綿、POC)と呼ばれます。オーガニックコットンだけで生計を立てるのは難しい、収穫量が少ない、オーガニック認証前の練習段階としての無農薬のコットンがPOCです。POCに関して詳しくはこちら

認証について

OCの認証基準は大変厳しく、1度認証されただけでは終わりません。具体的に何を認証するかというと、 綿がオーガニックな農法で栽培されたかどうかという点を認証するのです。農薬が入っているかどうかではありません。
認証にも、農法を認証するオーガニック・ファーミング認証と、OCから作られた製品を認証するテキスタイル認証の2種類があります。
農法はそれぞれの国の基準に従って行われ、製品の認証は民間の基準に基づいて行われます。
製品に関しては、出来上がった製品にどれほどOCが含まれているかの含有率、製造のプロセスなどが環境に配慮しているか等、各認証機関によって考え方は変わるので、統一の基準はありません。製品に関する基準には、GOTSという基準と、TEという基準があります。GOTSは世界的にも評価されている国際的な基準で、TEはOC普及を目的とするアメリカの非営利組織です。

普通の綿との違い

オーガニックコットンは、普通の綿と違うのでしょうか?日本オーガニックコットン協会によると、普通のコットンと、OCは違いはないそうです。ここびっくりでした。OCと通常のコットン、実際に含まれる残留農薬の差ってほぼないそうで、OCであることは、環境・土壌への影響が少ないという点が大切なポイントです。

なぜオーガニックであることが大切なのか

要は、出来た製品ではなく、OCが出来るプロセスが環境に優しいということで、持続可能型社会において、また綿生産において大切な役割を果たします。更には、OCはフェアトレードであることによって、農家を支援します。だから、OCであることは大切なのです。
でも、OCの生産量って、なんと全綿生産量のわずか1%。どれほどレアなものか、分かります。そしてなぜそこまでOC製品が高いのかも納得がいきますね。今後OCが広まって、もっともっと普及して知名度があがり、需要が増えれば、値段も下がります。筆者はそれを願うばかりです。


Be sustainable, Millennials

参考文献
日本オーガニックコットン協会 – オーガニックコットンとは

Advertisements
Advertisements

Leave Your Thoughts!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.