【Witty】ダークウェブ【Wednesday】

Advertisements

ダークウェブ。

深層web、ディープweb、invisible webと呼ばれるネットワークの中にある世界です。

Advertisements

一般的に検索して出てくる世界が1-10%と推測されているので、少なく見積もっても
インターネットの90%はディープウェブという事になります。この1-10%の世界をSurface web (表面のweb:サーファスウェブ)と呼びます。

怖そうな名前ですが、実態も闇なので怖そうな名前で間違いありません。ダークウェブは「闇サイト」とか「一般的にネットを使ってると出てこない」もしくは「普通のやり方だとアクセスできないサイト」やそのネットワークの総称です。

まず大きい枠組みにディープwebがあります。データベースがあったりして、表層ではあまり必要ないwebsiteが散らばっています。その中に、ダークウェブがあります。ディープウェブ>ダークウェブ の図です。

なぜこれが存在するかというと、違法取引や、犯罪の温床であったり、ドラッグ・人身・偽造IDなどの売買がそこで可能だからです。他にも殺人依頼、児童ポルノ取引など考えつく限りの違法な事は全てそこで出来ます。
勿論利用には多大なリスクが。当たり前ですが、各国の監視当局が違法取引に目を光らせています。興味本位で覗くことすらお勧めしたくないです。また違法じゃなくても、意味の分からない目的で作られたwebsiteもあって、精神的にくるものもあります。(ダークウェブで発見できるものをネットで検索してみてください)

特徴としては、普通のサイトとドメインが異なります。.com, .netなどは使われません。専用のブラウザのドメインが使われているので、urlを入力してGoogle等で検索してもサイトは表示されません。取引が行われる場合、大体仮想通貨が使われます。

代表的なダークwebのwebsiteは、「シルクロード」「アルファベイ」「ハンザマーケット」など。現在はどのwebsiteも、創設者・管理者共に逮捕されていてサイト自体は閉鎖されています。ただまぁ いたちごっこな面もあって、1個閉鎖したところで他のサイトに利用者が移っていくだけ。事実、シルクロードが閉鎖された翌月にはシルクロード2.0が公開されたりしています。(結局こちらも管理者は逮捕され、その後シルクロード3が出来ました)

一般人でもアクセス可能なのかということについて、結論から言うとアクセスは可能です。でも、普通のやり方では無理。アクセスを行う前に、当たり前ですがそこにアクセスするんだったら、あなたは「人に知られたら困る活動がしたいから」と判断されます。また、危険なコンテンツもあるので、アクセスする場合自己責任で行ってください。The Millennials™️では、下記にすごく適当にさらーっとやり方は記載していますが、それを具体的にどのように行うのかは書いていません。For obvious reasons.  (明確な理由で)

さて、アクセス方法ですが、主にネットで紹介されているのが専用のブラウザをダウンロードして使う方法。ダウンロードすると、そのネットワークに匿名で接続することが可能になるので、そのブラウザからしか飛べない様々な違法サイトにアクセスできるようになる訳です。また、ネットワーク内に存在する違法なwebsiteをまとめたリストも存在します。
筆者実は似たような事を、自身の携帯でやってみました。(散々危ないとか言っておきながら。まぁ自己責任なので)App store で専用のブラウザをダウンロード。普段なぜか4G環境だとアクセスできない特定のwebsite (普通の海外サイトでダークウェブのサイトではない) にそのブラウザからアクセスしてみたら、見事に飛べました。つまりネットワーク環境のせいで弾き飛ばされるwebsiteにアクセスしたい場合は役に立つ事もある訳です 笑

というか言っちゃえば、なんでもありです。

かといって、今まで述べた事を覆す事を言うようですが、Googleに表示されるwebsiteが全て「正しい」websiteだけなのかと言ったら、そこも難しいところ。結局 Googleに表示されるwebsiteが操作されているという予想をすると、(断言はしません) それはそれで倫理的に正しい事なのか?という疑問に繋がります。ダークウェブは、確かに危険なもので溢れていますが、無害なものもあります。アクセスの仕方を応用して、匿名性を守るために人権活動家などがそのブラウザを使用していたりもします。だから、あながちシステムの全てが悪いとも言い切れない訳です。

ダークウェブに関して、もっと知りたい方は、ぜひこちらの本を読んでみてください。

ダークウェブに関する面白い記事はこちらを


Have a safe day, Millennials.

Advertisements
Advertisements

Leave Your Thoughts!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.