【Witty】次世代スマートゴミ箱を開発したEcube Labs創設者に独占インタビュー 【Wednesday】

Advertisements

この記事でご紹介したスマートゴミ箱CleanCUBE。この度 The Millennials™️は、CleanCUBEを開発した韓国の会社Ecube Labsの創設者、Sean Kwon氏に独占インタビューを行い、創設の経緯や今後の会社の発展について簡単にお話を伺うことが出来ました。

CEO_1
©️ Ecube Labs CEOのSean Kwon氏

 

(記事内 TM: The Millennials™️、SK: Ecube Labs社CEOのSean Kwon氏)

Advertisements

TM: ウェブサイトには2011年創設と記載がありますが、どのような理由で創設に至ったのか、また、何にインスパイアされて創設に至ったのかを教えてください!

SK: 私は馬山(マサン)という小さな町からソウルに大学進学をしました。ソウル新村に位置している延世大学校に通いながら、ソウルという都市に魅力を感じて過ごす中、夕方頃にゴミがあふれるゴミ箱と路上を見ました。ゴミ箱がいっぱいになると、人々はゴミをその周辺に勝手に捨て始める現象を目撃した私は、ゴミが多すぎるという印象を受けました。
ある日、家でゴミを捨てる時に、ゴミ箱がいっぱいになっていたので、ゴミを足で潰しながらアイデアがひらめきました。「もし足で踏むような行為をゴミ箱に応用したら、どうだろうか?」
大学の同期と私は圧縮ゴミ箱というアイデアを持って、小さなプロジェクトを開始することを決定しました。その頃は、これらのアイデアが実際に金銭的な利益をもたらすだろうとは考えていませんでした。皮肉なことに、私の人生は、この日から変わり始めて、単純な疑問点が大きな投資につながりました。結局、私は「スマートソリューション」を通じて私の仕事を持つようになりました。

TM:個人へのサービスも提供していますか?今後提供する予定はありますか?
SK:現在弊社は、個人的な使用のために製品を提供してはいません。個人世帯の環境をきれいに維持することも重要ですが、それは個人が解決していくことだと考えている点が大きいです。しかし、公共の場の清潔に責任を持つ人々はどれほど多いでしょうか。決して多くはいません。したがって私たちは、公共の場の責任をより大きく感じています。

TM:市場に出ている他のゴミ箱と貴社の扱うゴミ箱はどう違うのでしょうか?
SK:弊社の製品であるCleanCUBEは、太陽光エネルギーで電力を供給し、超音波センサーを使用して積載量を検出します。クリーンキューブは時間帯別の圧縮を行うこともでき、特定の積載量までゴミ積載が行われたときに圧縮をしたりして、普通のゴミ箱よりも8倍の量を積載することができます。当CleanCUBEの最大の利点は、さまざまなオプションを使用して、顧客のニーズに合わせることができるという点です。世界市場を見たとき、ただ一つの方法を用いるソリューションは、大きな助けになることができないと判断したので、私たちは、CleanCUBEがどんな環境にもよく活用されることができるよう、さまざまなオプションを開発し、反映しました。

TM:”CleanCityNetwork”(CCN: Ecube Labs社の提供するCleanCUBE管理プラットフォーム) を使用するメリットは何ですか?
SK:私たちが開発したソフトウェアであるCleanCityNetwork (CCN)を介して、ユーザーは、本人が所有したゴミ箱や弊社の製品の状態をリアルタイムで監視することができます。CCNを介してデータが収集され、廃棄物管理システムは、分析と最適化された情報を提供することになります。

TM:貴社がこの業界で優れていると思う点はどういった点でしょうか?
SK:私の個人的考えでは、弊社Ecube Labsは、単に製品を提供する会社ではなく、全体的な廃棄物管理システムをより効率的に発展させるソリューションを提供する会社だと思います。また、弊社は、製品がインストールされた後のアフターサービスにも集中しており、迅速かつ確実な支援を差し上げることを目標として運営しています。

TM:多くの国々に貴社製品を設置する等、より大きな市場に進出する予定はありますか?
SK:はい。私たちは、常に世界市場に弊社の影響力を広げていこうとしています。既に私達とのパートナーシップを結び、特定の地域で私達を代わって営業したり、新しいソリューションを提供する会社があり、その数を広げていく状況です。

TM:貴社の将来の目標は何でしょうか?
SK:現在の弊社のソリューションは、完全であるとは言えず、私たちは継続的に製品やソリューションの発展と技術の向上に努めています。したがって、新しい技術を導入してテストする過程を経ており、最終的には弊社のソリューションがスマートシティプラットフォームに含まれているスマート廃棄物管理分野を代表するソリューションとして定着することを願っています。米国ボルティモア市で進行する歴史的に最も大きなスマート廃棄物管理分野の事業に私達が含まれたので、近いうちに運営する予定であり、このような理由で、米国東部地域に支社を設立して運営する予定です。

TM:読者の方へメッセージをお願いします!
SK:こんにちは皆さん、私の夢は、私たちすべてが社会的な責任を持つことです。グローバル化はすでに行われている状況であり、止まらないと思います。ですから、私たちがそれぞれ異なる役割を持って世の中を生きていくとしても、あなたは、この社会の重要な構成員としての役割を担っており、未来のための大きな部分を占めていると思います。


CleanCUBEを開発したEcube Labs社の公式ウェブサイト
Ecube Labs社の素晴らしすぎるエコな次世代ゴミ箱についてはこちら

🚮The Millennials™️🚮


本記事は、Ecube Labs社からデータ利用の許可を得て製作されました。本記事で使用されたデータは全てEcube Labs社並びに The Millennials™️に帰属します。本記事で使用されている画像・内容の宣伝目的以外の無断転載・無断使用を固く禁止しております。

 

Advertisements
Advertisements

Leave Your Thoughts!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.