【Witty】エネルギー資源について Pt.1【Wednesday】

Advertisements

人類が存続するのにかかせないエネルギー資源。一昔前は石油が枯渇するかもしれないという事が人類が抱える大きい問題の1つでした。

現在は、人類は少し賢くなって、再生可能エネルギーの研究や応用技術などにも時間とお金を割き始めました。そこで今日の記事では、エネルギーにはどんな種類があって、どれが効率が良くて、大まかにエネルギー資源とはなんなのか。色々と調べてコメントをしようかと思います。

Advertisements

・エネルギーには一次と二次があるよ

何それ、知らない!では、知りましょう↓
一次エネルギー: 自然のエネルギー、石油、石炭、天然ガスなど。(原子力も一次)
二次エネルギー: 加工されたエネルギー、ガソリン、電気など

・日本のエネルギー自給率は7%

これってどうなの?って考えると、先進国35カ国中34位。言い換えれば、ほぼ自給せず、輸入に頼ってるって事です。なんで輸入しているかというと、日本国内に資源がほぼないから。そういう土地なので仕方ないんです。(水は?水は?)ちなみに自給率1位はノルウェー。断トツで自給率が高く、なんと742%!つまり、電気を作り過ぎて余ってるって事。(エネルギー輸出が発達している)なんでこれが可能かというと、天然ガスと石油の輸出をしている上に、世界の中でも最大の水力発電国だから。自国内の電気の95%を水力から賄っているらしい。(福祉大国なのも納得)

・日本がエネルギー資源を輸入する先は中東

中東からエネルギーを輸入する問題点は中東は政治情勢が不安定でそれが石油の値段に反映される事。そして、日本の電気は8割を火力発電で賄っています。なので、情勢不安定で資源の輸入が出来なくなると大いに困るわけです。(これは原子力に頼る時の理由にもなる)グラフを見る限り、日本はノルウェー等EUからの輸入は少なめ。ほぼ中東・ロシア・オセアニアに頼っています。

・再生可能エネルギーだけで賄えないって本当???

良く言われますが、挙げられる理由は、天候に左右されるから。(でも結局石油も枯渇するとか言われてるし….)ちなみに電気事業連合会のwebsiteには原子力はCO2を排出しないエコな発電方法として、再生可能エネルギーと並んで紹介されていました。また、原子力発電の安全性についても対策が紹介されていました。

S + 3E

S=Safety,
3E=Energy (security), Economical (sufficiency), Environmental

つまり、安定供給、経済性、環境+安全の4つの項目が大切という事。ちなみに震災後の2015年に決定された国の長期的なエネルギー需給見通しでは、2030年度までに原子力の発電比率は20-22%程度になっています。(ここ数年は0-5%くらい)

CO2排出量は世界3

震災後、火力発電に頼るようになってから、その分日本のCO2排出量も増えました。現在はインド・中国の次にランクインしています。これは意外でした。何となく日本ってエコだと思ってたら、だいぶ環境に悪い事してたんですね!

ここまで日本の現在のエネルギー事情を紹介しましたが、次回の記事では筆者が自分の疑問に自答してみようかと思います。

参考文献
電気事業連合会
ノルウェーのエネルギー事情ノルウェー大使館
日本のエネルギー 経済産業省

Save that energy for the future, Millennials

Advertisements
Advertisements

Leave Your Thoughts!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.